魅力を探る

案内係の人

結婚をして子供が生まれると、いよいよ住宅の購入を考えるふとが増えてきます。住宅の購入には新築一戸建てが人気があります。新築一戸建てが人気の理由は、建物が新しいことや、まだ誰も使ったことがない住宅に住めることが挙げられます。また、分譲住宅の場合は建設期間が短く、まだ建設途中の時や建設前に契約をしても契約から短期間で住むことができる点が魅力です。分譲マンションと比べた場合でも、土地を所有することになるため、資産性があることから人気があるのです。金銭面では、分譲住宅の新築一戸建ての国内の平均相場は3100万円と言われています。簡単に買える金額ではありませんが、10年前に比べても価格が下がってきているため買いやすくなっています。

新築一戸建てを検討する際に対抗馬となるのが中古一戸建て住宅です。中古住宅は、外国では人気があり、住宅購入者の8割は中古住宅を購入する国もあります。それに対して日本の中古住宅はあまり人気がありません。その理由は、外国と比べると耐用年数が短いことや、長く使っていてもそれがアンティークとしての価値が出にくいことなどが挙げられます。また、地震の多いこの国ではどうしても耐震性が気になってしまうのです。ところが最近は中古住宅をリフォームやリノベーションをして新築同様にすることで人気を集めています。新築一戸建てに比べると価格面でも500万円から1000万円程度は安くなる上に、耐震性も問題ない住宅であればさらに30年は使えるのです。