種類別の購入ポイント

間取り図を描く

住宅の購入は多くの人にとっては一生に一度あるかないかという大きな買い物です。そのため経済状況や将来を見据えて選ぶ必要があります。住宅購入の種類としては、新築または中古の一戸建てのほか、分譲マンションなどがあります。近年は中古を購入して大幅にリノベーションすることで新築の並の家に作り変えるという場合もあります。 日本では、持ち家志向が強く特に一戸建てに対する憧れが強いため、現在でも多くの住宅が建てられています。新築一戸建てといっても2種類あり、設計から行う注文住宅と、既成の設計を使って建てられた分譲住宅などがあります。注文住宅は、いちから家を作り上げるという楽しみがありますが、時間が掛かり、費用も高めですが、分譲住宅は既成品であるので費用を低く抑えることができます。

一戸建てにしても分譲マンションにしても、不動産を持つということには変わりありませんが、その性質上、どちらにも利点と欠点があります。一戸建ての場合には地価の高い場所になればなるほどその土地の購入金額が高くなり、購入費用が割高になります。一方で分譲マンションであれば、高層化することで価格を抑えられるメリットがあります。 そのため、大都会になればなるほど分譲マンションが価格的に有利になります。その一方で一戸建ては土地の安い場所であれば、極めて安価に住宅を手に入れることが可能ですし、建て増しやリフォームがし易いといった長所があります。また分譲マンションでは修繕積み立て金などの管理費用の負担が大きく、ランニングコストで見れば一戸建ての方が安い傾向にあります。