価格相場と物件の関係

建設関係の仕事

不動産投資および土地活用の方法としては住宅用賃貸物件を購入するというものがあります。これらは物件を購入して賃貸として貸し出すことで利益を得るというもので、利回りも4%から10%と投資リターンとしては中級に位置しています。利回りからすればすべての元を取るには10年から20年といった長いスパンが必要になりますが、実際には不動産を取得しており、その不動産価値がなくなることがないので、極めて硬い投資とされます。また建物の価値は経年とともに目減りしますが、土地は周辺が開発されるなどの理由で上昇されれば、それだけ資産そのものを増やすことが可能です。 住宅用賃貸物件の価格相場は場所によって異なってきますが、アパートなどであれば、3千円ほどで手に入ります。

投資として住宅用賃貸物件を購入するさいには、良い不動産会社を選ぶ必要があります。近年は投資を目的とした賃貸物件を紹介している会社も多くありますが、必ずしも好条件なものばかりではなく、最終的には購入者が実際に収益をあげられるのか判断する必要があります。 また投資スタイルも賃貸による収益を重視するのか、その不動産の将来の値上がり狙って購入し、値上がったところで売却するのかといった2つの種類があり、どちらを重視して投資を行うのか当初から計画立てて行う必要があります。また利回りが高ければ、それだけはやく元が取れるということですが、実際には空室のリスクなどから収益率が悪化する場合もあり、不動産経営者としての努力も必要になります。