メーカー主導

階段に座る男性

注文住宅は、今後どちらかというとハウスメーカー主導の注文住宅が増えていくと思います。 もともと注文住宅は、一から作る家を注文住宅と言っていましたが、最近の傾向では、ハウスメーカーが用意しているパンフレットから選択し、施工主の意見などを反映させて、少しだけカスタマイズする方法が主流となってきています。 ハウスメーカー側からすると、資材などの調達がしやすいのと、出来上がっている商品のため施工期間が少なくてすむメリットがあります。そのため本来の注文住宅よりも費用的にも安く済ませることができます。瀬古主からすると打ち合わせなどの時間を短縮することできるのと費用も安くなるメリットがあります。今後は、増税などの絡みもあり、この方法の注文住宅が増えていく傾向になると思われます。

注文住宅を建てようと思うと、かつては地元の大工さんに希望を伝えて、建ててもらうのが一般的でした。 ところが、いわゆるハウスメーカーが登場したことにより、注文住宅を建てる前に、まず住宅展示場を見に行ってみよう、と考える人が、大変多くなりました。 こうしたハウスメーカーによる住宅展示場は、それ以前の大工さんが建てる家が、注文住宅と言いながら、どうしても希望が上手く伝わらず、思い通りのものが建てられずにいたという問題点を解決し、建てる前から出来上がり品を見て確認出来るようになったという点で、革新的なものでした。 ただ、建てる前からすでに出来上がっている家を、注文住宅と呼ぶのだろうか、と考える人も増えつつあり、より自由度がある、本来のフルオーダー品としての注文住宅を求めて、設計事務所に依頼する人も、近年急速に増えてきています。